世界水準のインプラントシステム(カムログインプラント)

アルタデント提供

当院では1本の欠損から多数歯の欠損まで、幅広く対応できます。

当医院はカムログインプラントを使用しています。(こちら)

安全・安心のため当医院ではCT(Sirona社製)を用いたインプラント治療を行っています。

カムログインプラントの特徴

インプラント先進国であるドイツで長年の臨床経験とラボでの経験に基づき開発された、世界水準のインプラントシステム「カムログインプラント」を採用しています。最高級のチタンを使用し、身体にも優しいインプラントです。

■最高級のチタンを使用しているため、身体にやさしい

■非常に高い精度を誇るため、ネジが緩みにくい

■ネジを埋め込んだ際のフィット感がよい

サージカルステントエールガイド

医師と技工士による同時遠隔操作で、より精密でズレないガイドを製作

通常のガイドでは、医師が取った患者様の口腔模型を技工士に送り、あとはお任せするというケースが一般的です。しかし実際に患者様の口腔内を見ていない技工士だけにお任せして、正確なガイド製作することは難しいものです。ほった歯科では、より精密でズレないガイドを製作するため、インターネットを使用して医師と技工士が綿密な打ち合わせを行います。そうすることで、インプラントを埋め込む「位置・角度・深さ」など、歯科医師の設計を忠実に再現することが可能となりました。

歯肉の切開を最小限に、だから痛みも最小限

「エールガイド」を使用することで、埋め込む場所の「ガイド(目印)」を作成し、精密なカムログインプラントを0.002mm以下という、極めてズレの少ない正確な位置に埋め込みが可能となります。性格で安全なことはもちろん、従来の治療に比べ、歯肉の切開を最小限に抑えることができます。だから痛みも少なく、患者様のお口の中の負担も小さく済みます。

専門のトレーニングを受けた医師のみ可能な治療

「エールガイド」はこのようにとても優れた治療法ですが、通常のドクターが使用するには難しく、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが使用を認められています。院長の小柳医師は、インプラントの第一人者、皆川仁先生(皆川総合歯科クリニック院長)が主宰する講義(皆川インプラントセミナー)を受講し、その資格を有しています。


サージカルステント「エールガイド」は(株)エールジャパン作成。(こちら)

インプラント治療に必要な設備

IMG_0580
インプラント治療の準備
手術着・拡大鏡下にて手術執刀
感染予防・明示化にて手術執刀
IMG_8691
遠心分離器(CGF/AFG)
骨や歯肉の再生に使用
自己血由来の成分を使用しますので安全・安心です。
IMG_2491
エールガイド
インプラントの手術に使用する器具です
埋入をあらかじめシュミレーションして作成されています。
サージカルステント エールガイドにより、安全・安心・正確なインプラント治療ができます
サージカルステント エールガイドにより手術時間の短縮、体への侵襲が軽減されます