唾液検査を体験しませんか?

お口をすすいで、数分待つだけで、患者さんの口腔環境を数値化することが出来ます。

歯の健康だけでなく、歯茎の健康状態や口腔清潔度も数値化できるので、問題が明確になり、適切な対策が取れるようになります。その他の目的として、口腔ケアの重要性を認識していただくことにあります。

そして「お口を検査する」が新しい習慣になります。

検査方法

10秒間洗口用水で口をすすぎ、すすいだ液(洗口吐出液)を試験紙に滴下します。

試験紙をセットして測定を開始します。測定時間約5分

5分後に検査結果が印刷されます。検査結果をレーダーチャットで表示されます。

多項目を同時測定

一度の検査で歯の健康・歯茎の健康・口腔清潔度を同時測定します。

歯の健康(虫歯菌、酸性度、緩衡能)

虫歯菌が多いと歯の表面に歯垢が付着しやすくなります。唾液の酸性度と緩衡能は歯質の溶解(脱灰)のしやすさと関連する事が知られています。

歯茎の健康(白血球、タンパク質)

歯茎の炎症があると、歯茎から出血したり、唾液中の白血球やタンパク質が多くなることが知られています。

口腔清潔度(アンモニア)

口腔内の細菌総数は唾液中のアンモニア濃度に関連することが知られており、それが口臭の原因とも言われいいます。

口腔内を「数値化」することで、患者様に口腔ケアの重要性を認識していただくとともに、虫歯が多い方、歯周病の方などの治療・予防に役立てることができます。ご希望の際は当院スタッフにご相談下さい。