ほった歯科の水は全て除菌された綺麗な水です

感染予防の観点から、歯科医院では滅菌や消毒が取りざたされています。 ほった歯科ではユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドン」の 導入により、ユニット(診療台)に流れる水自体が除菌水になっております。

ポセイドンとは

ポセイドンは、人と自然に優しい電解中性機能水を
歯科ユニットや医院全体に通水させることにより
医院の水配管内の細菌などの繁殖を抑え、
治療環境を衛生的に保つためのシステムです。
歯科医院では、手や器具の洗浄、歯の治療、クリーニング、
患者様がお口をゆすぐときなど、多くの場面で水が使われます。
お口の中をきれいにしていただくことので、歯科医院で使われる水もキレイで衛生的でなければなりません。当院では、患者様の治療に対するリスクを可能な限り排除する努力を行っております。

ポセイドンの特徴

添加物を使わず、水道水のみを使用しています
(中性で身体に害がありません)
水道水上の塩素濃度を調節して殺菌力のある水です
(人には無害ですが菌が生きられない環境を作ります)
感染を防止し、除菌も行います
(細菌数は限りなくゼロに近い状態を作ります)

ポセイドンの仕組み

センサーが水の流れを感知、電解槽に通電します。
水中に含まれる塩素イオン(Cl? )が電解により
塩素(Cl2 )に変化、Cl2 はすぐに水と反応し、
次亜塩素(HClO)や次亜塩素酸イオン(ClO?)(=残留塩素)に
変化し残留塩素濃度を補正します。
残留塩素上昇により微生物の繁殖を抑制されます。