食事のあいことば「まごわやさしい」は口腔環境も整える

「まごわやさしい」の画像検索結果

日本の伝統的な食生活はビタミン・ミネラルをたっぷり含んだ理想的なものです。

「まごわやさしい」とは健康になるために役立つ和の食材の頭文字をとったもの。

プロ野球選手など多くのスポーツ選手や芸能人が実践している栄養療法とも言われています。

「まごわやさしい」は口腔環境も整える

  • ま:まめ 豆製品…大豆・小豆・味噌・豆腐など

 特に大豆は歯を構成する成分である6つの栄養素のうちカルシウム、たんぱく質、マグネシウムの3つを含んでいるため、歯に良いと言われています

  • ご:ごま ごまなどの種実類…ごま、ナッツなど

抗酸化栄養素やミネラルが豊富です。

抗酸化作用があり活性酸素の排出に役立つため、歯茎などを中心とした歯周病予防に期待できます。

  • わ:わかめ 海藻類…わかめ、ひじき、海苔など

歯の再石灰化に欠かせないカルシウムも豊富です。またよく噛まないと飲み込みにくいことから唾液の分泌を促し歯の再石灰化を助けてくれます。

  • や:やさい 野菜類…葉野菜、根菜などできれば赤・緑・白の野菜

食物繊維が豊富なためよく噛むことで、海藻と同様、唾液の分泌を促します。

また繊維が食べ物のカスを掃除して歯垢(プラーク)ができにくい口内環境を整えてくれます。

  • さ:さかな 魚類…切り身の他、小魚や貝類など丸ごと食べられるものなど

特に青魚はDHAやEPAが豊富に含まれているため、抗炎症作用があり歯周病の発生や進行を抑える働きをしてくれます。

  • し:しいたけ きのこ類…しいたけ、えのきたけ、マッシュルームなど

しいたけに含まれる成分が歯の脱灰を抑制することで、虫歯予防への期待がされているとも言われています。

  • い:いも イモ類…ジャガイモ、サトイモ、かぼちゃなど

豊富な食物繊維が野菜類などと同様、口内環境を整える手助けをしてくれます。

「まごわやさしい」の3つのポイント

  1. 1日の中でこの食品を1回は取り入れましょう。
  2. 毎日のお食事に少しプラスするだけでもOK。
  3. 計算など難しいことは不要。簡単に続けることができます

    これまでの食事を大きく変えることは難しくても、ご飯にごま塩・サラダにごまやナッツをトッピング。他に足りないものは味噌汁に入れてみる。難しい計算をしながらでは続かないことも多いもの。「ちょっとプラス」を意識することで、手間をかけず毎日の食事に続けて工夫いただけたらと思います。

まとめ

これまでの食事を大きく変えることは難しくても、ご飯にごま塩・サラダにごまやナッツをトッピング。他に足りないものは味噌汁に入れてみる。

難しい計算をしながらでは続かないことも多いもの。「ちょっとプラス」を意識することで、手間をかけず毎日の食事に続けて工夫いただけたらと思います。