花粉症の人に多い口腔アレルギー症候群

口腔アレルギー症候群って何?

ところどころで花粉の飛散もはじまり、花粉症の方にとっては、辛い季節がきましたね。今回は、花粉症の方に多いとされる口腔アレルギー症候群ついてお話します。
皆さんは口腔アレルギーってご存知ですか?食べ物を食べたときに口の周りがかゆくなったり、赤く腫れあがった経験はありませんか?これらを口腔アレルギー症候群と呼んでいます。 “口腔アレルギー症候群は、果物や野菜を食べたあと、口唇や口の中、のどの奥にイガイガ感・かゆみ・腫れなどの アレルギー症状があらわれます”食材と花粉中に類似する物質がアレルギーを起こすとされ、花粉症との関連もあるようです。

花粉症

現在、日本人の約30%が花粉症だといわれています。さらにその花粉症の方のうち約10%は、口腔アレルギー症候群とも聞きます。

花粉症の方が注意すべき食べ物とは?

その食べ物が原因だと気がつかずに食べ続けることで、含まれていたアレルゲンが体内に蓄積され、花粉症の症状を悪化させてしまうケースがあります。花粉症を引き起こす花粉の種類によって、注意したい果物や野菜は異なります。

例えば

スギ・ヒノキアレルギーこの花粉症をお持ちの方の10人に1人は、「トマト」を食べることで症状が悪化してしまうケースもあります。トマトを食べて、唇や口の中がイガイガしたり、かゆみなどを感じたことがある方は、この時期は、特に注意した方がよいかもしれません。また口腔アレルギー症候群は、花粉症以外に、ゴム手袋(ラテックス)過敏症のある方、アトピー性皮膚炎、ぜんそくのある方にも起こることがあります。

ゴム手袋(ラテックス)過敏症

歯科医院ではゴム手袋を使用して治療を行っています。このゴム手袋のほとんどがラテックス製です。歯科治療が終わった後口の周りがかゆかったり、のどがイガイガしたりした、症状が出た場合はラテックスアレルギーかもしれません。ラテックスは独特のゴム臭がします。こんな経験があれば要注意です。

まとめ

歯科医院では初診の時に問診表を書いていただいたり、医療面接でいろいろな身体の現状をお聞きします。その時点で、薬物や花粉症、食べ物などのアレルギーをお伺いします。ほった歯科では現在ゴム手袋はラテックスは使用していません。材質はニトリルもしくはプラスチック製を使用しています。患者さんのアレルギーの予防を考えた使用をしています。