自分の歯の輝きに戻りませんか?

歯の黄ばみの主な原因

みなさん鏡を見て前歯の色が気になっていませんか? 主な原因は好んで飲む飲み物が歯の変色につながります。例えば

  • 珈琲を毎日飲んでいる
  • 酒はビールや赤ワインが好み
  • 緑茶を濃いめで毎日飲んでいる
  • 麦茶を毎日食事のときに飲んでいる
  • 珈琲より紅茶を好んで飲んでいる
  • ウーロン茶を煮出して飲んでいる

など毎日習慣に飲んでいる飲み物はありませんか?習慣性に飲んでいる飲み物で着色(ステイン)が付いてしまいます。ステインはある程度取り除くことはできますが、歯にしみ込んだ汚れは取れません。

さて、どのようにしたら元の自分の歯の輝きに戻るでしょうか?
ホワイトニングという方法で輝きをとり戻すことができます。

ホワイトニングって何?

堀田歯科 ホワイトニング

ホワイトニングは、過酸化水素が分解する際に発生するヒドロキシラジカルやヒドロペルオキシラジカルなどのフリーラジカルが、歯の着色有機質の二重結合部分を切断して低分子化することにより起こる「無色化」により、歯の明度を上げることにより白くする方法である。

ホワイトニング – Wikipedia

ホワイトニングの方法

ホワイトニングには2種類の方法があります。まず一つはオフィスホワイトニングです。読んで字のごとく歯科医院で行うホワイトニングです。オフィスホワイトニングの特徴は、即効性がある ので効果がわかりやすいしみにくい ので痛みが出にくい歯科医院で歯科衛生士が施術する。

デメリットはチェアータイム(施術時間)が長い(約60分)後戻りが早い 。

二つ目はホームホワイトニングです。読んで字のごとくお家でホワイトニングをする方法です。ホームホワイトニングはお口の型取りをしてマウスピースを作成します。そのマウスピースにホワイトニング薬剤を入れ約2時間の間マウスピースを装着します。それを2週間継続的に行います。

ホームホワイトニングの特徴は白く輝き、透明感がでる後戻りがすくない
自宅で好きな時にホワイトニング可能

ホワイトニングって痛くない

ほった歯科ではホワイトニング治療時の痛みに配慮しています。ホワイトニング治療時に「しみる」などの軽い痛みが出る患者様がいらっしゃいます。
ほった歯科では、そのような痛みにしっかり対応しています。
・歯がしみる痛みを止めるブラッシング指導
・薬剤の塗布(ホームホワイトニングセットに付属)
・再石灰化 を促すMIペーストもおすすめしています。

まとめ

知らず知らずのうちに自分の歯は黄ばんでいきます。それは食品に含まれる色素、例えば コーヒー・緑茶・紅茶・ウーロン茶・ビールなどがあります。

色の感覚は人それぞれですので、歯を白くしたいと思っていれば、薬剤を定期的にすることをおすすめします。歯の透明感が増すことにより歯肉の色の変化も期待できます。

特に女性の方は口紅の色が変わったり、笑ったときに口に手が行きません。写真を撮った時に自然の笑顔ができます。ほった歯科ではホワイトニングをおすすめしています。

あなたの自然な笑顔を取り戻してみませんか。ホワイトニングと聞くと「歯を白くする」とイメージしますが、本来のはの透明感を出し、あなたの元々の歯の色に戻すことです。

また、後戻りを極力しないために、ほった歯科では歯の汚れを浮き上がらせて取る歯みがき粉もおすすめしています。