歯科医院のレーザー治療とは?

歯科用レーザー治療の機器(種類)

一般に歯科医院で用いられているレーザーは炭酸ガスレーザー、半導体レーザー、Er:YAGレーザーなどがあります。その他にも幾つかの種類のレーザーがあります。
ほった歯科では炭酸ガスレーザーとEr:YAGレーザーを用いてレーザー治療を行っています。ではそれぞれの特徴をお話します。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

歯科医院で一番用いられているレーザーで、多岐にわたり色々な治療に用いられているレーザーです。ほった歯科ではオペレーザーNEOSとオペレーザーPROプラスを使用しています。特徴として切開(歯肉を切る)と同時に止血をしてくれます。切開した後縫合をする必要がほとんどありません。また、口内炎などの治療にも用いられます。口内炎で痛い場所に炭酸ガスレーザーを照射して蒸散することにより、痛みの緩和や治癒促進を促します。また、抜歯した後の止血や治癒促進にもしようします。
顎関節の痛みの緩和で、患部を温めて治癒促進をします。また、歯肉が黒ずんでいるメラニン色素を炭酸ガスレーザーを照射することにより除去をします。麻酔をして何回かに分けてメラニン色素の除去を行います。また、上唇小帯の切開にも使用できます。お子さんなどが上唇小帯異常の時麻酔をして、上唇小帯を切除します。放置しておくと上顎の正中離開や捻転などを引き起こし、咬合異常や歯並びの異常をきたします。除去後翌日にはほとんど痛がらず、出血も認められません。

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザーは患部に接触させて使うレーザーです。 蒸散効果で身体組織への負担が少ないレーザーです。また、硬組織(歯)を削ることができ「う蝕無痛的窩洞形成」ができます。今までは無痛といえば麻酔を使用していましたが、麻酔を使用せず歯を削ることができます。Er:YAGレーザーは歯周病の治療で効果を発揮してくれます。歯周病の治療で歯肉の奥深くにある歯石を取り除くのに従来は麻酔下で歯石を器具を使用して除去をしますが、この時に合併症として歯肉の血管から菌が体内に入り込み、重篤の場合は「菌血症」を引き起こすことがあります。Er:YAGレーザーは菌を体内に入り込む前に死滅させる効果をはっきしましす。そればかりか治癒の促進を促します。無麻酔下での治療も可能にさせてくれます。炭酸ガスレーザー同様口内炎の治療やメラニン色素の治療も施術可能です。特にメラニン色素の治療では炭酸ガスレーザーは表面を除去するのにくらべ、Er:YAGレーザーは歯肉内面からの施術も可能にしています。

この動画は無麻酔で歯肉の中にある古い歯石をEr:YAGレーザーで除去しています。
黒く点状に見えるのが古い歯石です。お解りのようにほとんど出血していません。

レーザー治療のメリット

ーザー治療は治癒が早く、瘢痕形成も認められません。生体の治癒促進、生体親和性が高い治療になっています。特にEr:YAGレーザーは歯肉縁下歯石の除去には無麻酔で出来、硬組織も無痛で削れるなどのメリットがあります。また、殺菌をしながら治療ができるという最大のメリットがあります。

まとめ

歯科用レーザー治療は様々な歯科治療に用いられます。無痛で、出血も少なく、生体にやさしい治療となります。

特に口内炎の治療にはその効果をいかんなく発揮してくれ、痛みの緩和、治癒促進になっています。

また、義歯の不適合による歯肉に傷ができたとき等早期であれば痛みがなくなり、義歯の調整も早く、早期に快適に食事ができるようになります。

生体にやさしい歯科用レーザーは、有効な治療です。