医療法人社団 堀田歯科医院 ほった歯科レーザー治療

ほった歯科ではレーザー治療を行なっています。

ほった歯科には2種類のレーザー機器が有ります。
1台はCO2レーザーとEr-YAGレーザーです。
レーザーと聞くと怖いイメージがありませんか。
2台共とても体には優しいレーザーです。
治療の内容によって使い分けしています。
ではおのおののレーザーの治療法についてお話しします。
CO2レーザー治療

CO2レーザーは主に歯肉の切開や抜歯した後の止血、口内炎の治療、義歯があたって痛みを認める部位の治療、歯肉の炎症部位の治癒促進などに使います。
最も多用するのが口内炎の治療です。
痛みがある部位にCO2レーザーを照射することにより、痛みの軽減、治癒促進になっています。口内炎の治療は保険適応となっています。
再発すると痛みで食事も出来ずに辛い想いをされているのでしたら、是非レーザー治療をしてみては如何でしょうか。
照射している時は少しチクチクした傷みがでますが、治りが早いので食事も楽に取れるようになります。
Er-YAGレーザー治療

Er-YAGレーザーは主に歯周病治療に使用しています。
特に歯肉の奥深くにある歯石の除去に使用しています。
無麻酔下でも治療が行えるため、体にとっての負担が軽減されるばかりではなく、他の機械で歯肉の奥深い歯石を取ると菌血症が起こる可能性が指摘されています。
Er-YAGレーザーを使う事により菌血症が起こらないことが解っています。(メーカー説明)
菌血症とは歯周病菌などの口腔細菌が血流により菌が身体中運ばれて行きます。
そもそも体内には菌が存在してはいけません。菌が影響する事によりさまざまな病気が発症します。
最近よく言われるのが糖尿病・高血圧・心臓病・脳血管障害・認知症などの原因になると言われています。安全・安心であるEr-YAGレーザーを使用した歯周病治療を考えてみてはいかがでしょうか。