入れ歯のお話

堀田歯科医院のこうちゃん先生です。

今回は入れ歯のお話です。

入れ歯で皆さんどんなことを想像しますか?
歯がなくなった場所に入れるもの。

痛くて噛めない

大きくて違和感がある

みなさんが思ってることは千差万別ですよね。
あなたのご家庭で入れ歯で困っている方いませんか?

痛くて入れ歯をはめることができず歯がないまま食べている。
そんな方はいませんか。

入れ歯と言ってもいろいろな種類があります。

一部の歯がなくなってしまいそこに入れてある部分入れ歯
全部の歯がなくなってしまった全部床義歯

ではまず最初に部分入れ歯からお話ししてみましょう。
よく目にするのは入れ歯にバネが付いていますよね。
このバネを残っている歯に掛けて入れ歯を固定していますが
このバネが厄介で噛んだ力が歯に伝わり歯を痛めることがあります。
また、バネの周囲や掛かっている歯には汚れがつきやすく
きちんとケアしなければ歯を痛める原因になります。

全部床義歯はどうでしょう。
歯がないところに人工的に歯を入れます。
ピンク色の人工的な歯茎に歯を埋めてあります。
なかなか使いにくく上の入れ歯は上顎を全て覆ってしまい
味や温熱がわかりにくい場合があります。
また、下の入れ歯は歯肉に当たって痛みを訴える患者さんがいます。
局部義歯も全部義歯も共通して言えることは

使いにくい
痛みがあり食べられない
入れ歯が緩んでガタガタする
入れ歯に関する不具合はまだまだたくさんあります。
もしあなたの周りにそんな方がいらしたら

堀田歯科医院スタッフまでお尋ねくださいね。