お口のケアをしていただくための検査器具

ほった歯科の口腔ケアの流れ

ほった歯科では今までは歯の染め出しをおこない口腔内写真を撮り、モニターにてお話を聞いていただきました。
この従来どうりの方法もファーストチョイスでおこなっていますが、なかなか理解が難しいようです。

患者さんの動議付

ほった歯科では現在のお口の中を数字化したり、動画を観ていただき理解をしてもらうために、器具を導入しました。

細菌カウンターでまずはお口の中にどれだけの菌がいるかを把握してもらいます。

簡単な検査で、舌の上から綿棒で汚れを採取して約2分程で結果が出て来ます。
結果はニコちゃんマークとレベルと細菌数で表示され、今現在のお口の中の細菌の数がわかります。
細菌が多いとレベルは高くて、ニコちゃんマークも悲しんでいます。

また、細菌数が10万・100万・1000万・1億単位で出てきます。

舌の上の汚れは口臭の原因にも成ります。なかなかの100万レベルの方には出逢えませんね。

動画による細菌

動画で細菌が動いている様子を観ていただきますが、かなり衝撃が強い様です。

これも簡単な検査です。歯科は痛いと思っている方がいますがこの検査は痛みもありません。
磨き残しを採取して、「ミルキン」という器具に装着してスマートフォンで動画を撮影します。ご希望であればあなたのスマートフォンにも動画を保存できます。
採取してから約3分程で確認が出来ます。ブラッシング指導をして次回の来院時にまた同じように磨き残しを動画で観ていただきます。前回と比べてどのような変化をしているかが大切な事だと思いいます。
皆さん1回目の衝撃で、正しいブラッシングやブラッシングの習慣が身に付いてきて、2回目には
かなりの改善してきます。
目に見えない細菌を目で見て確認するって大切な事ですね。

唾液検査です。

お渡しする水で、お口の中を10秒間すすぐだけです。
それを「シルハ」という器具の試験紙に装着して器具がやく5分ほどで結果を表示してくれます。
検査結果をレーダーチャートでレポートします。
唾液でから、歯の健康・歯ぐきの健康・お口の清潔度がわかります。
 特に健康度合いを点数化・コメントをしてくれます。
レーダーチャートでご自分のお口の健康状態が把握出来ます。

まとめ

これらの器具によりあなたの今のお口の中の状態が把握できます。
見える化した歯科診療を提供しています。

患者さんが今のお口の中の状態を把握することによりより細かな口腔ケアができます。
口腔内が不衛生ですと、むし歯や歯周病の原因になるばかりでなく、口腔がんの原因になることもあります。
また、口臭の口臭の原因になります。
ほった歯科では患者さんのお口に合った口腔ケアグッズを提供しています。