いつまでも美味しい食事「口腔ケア」の必要性

「口腔ケア」の必要性

口の中が清潔に保ち、口から食事がとれることはとても大切なことです。

筋肉を使わなくなると衰えてしまうように、

口から食べる機能が失われると「噛む力」「飲み込む力」も衰えていきます。

特に高齢者の低栄養を招く要因で大きいとされているのが

「噛む力」「飲み込む力」が低くなる摂食・嚥下機能の低下。

嚥下機能が低下することで、食べ物が気管に入ってむせやすくなったりします。

こんな症状はないですか?

√ よくむせる

√ よくこぼす

√ 声がかすれる

√ 痰がよくからむ

√ うがいができない

√ 食べ物が口の中にいつまでも残ってしまう

√ 食べるのにとても時間がかかり、食事量が減る

√ 気づかないうちによだれが出てしまう

高齢者の食べる機能を維持させることの大切さ

口から食べることのメリットはたくさんあります。

*口を使うことで知覚・感覚機能に刺激が伝わり脳の活性につながる。

*口腔内の自浄作用で免疫向上も期待できる。

*懐かしい味・季節感を感じることで、満足感や充実感が得られる。

口腔ケアの必要性

予防に力を入れているほった歯科では、口腔ケアも大切な1つと考えます。

口腔ケアは「口の中を清潔に保つこと」「機能の低下を予防する」目的があります。

歩けなくなったら、歩くリハビリをすることと同様、食べるリハビリをすることも大事なことです。

口腔ケアが当たり前に行われれば、食事にまつわるトラブルは少なくなります。

食べる楽しみを失わないよう予防を習慣化してほしいと思います。

家庭で出来るオーラルリハビリ

かながわ・お口の体操

グー・パー・ぐるぐる・ごっくん・べー

5秒でもOK! 1分で効果十分!

顔面体操や舌体操などを短くミックスしたお口の体操で、短時間でバランスよく簡単に覚えられるのが特徴です。
1 グー

 目はしっかり閉じ目玉は下方に、口は口角上げしっかり閉じる

2 パー

 目は大きく開き目玉は上方に。口を大きく開く。

3 ぐるぐる

 口を閉じたまま舌に力をいれ、口唇の内側を舐めるように回す。(右回り、左回り)

なぜ噛む力や咀嚼力が低下するのか?

年齢とともに筋肉の衰えは出てきますが、お吉の中にご自分の歯が何本残っているか、それらがしっかり嚙み合わせられているか、ということに置き好きでしょうか?

年齢が若い方でもきちんとかみ合わせがいい人と、かみ合わせがうまくいっていない人では、噛む力や咀嚼力がていかします。

例えば

時計の歯車を考えてみてください。歯車の歯は歯と書きますよね。

ではその歯車の歯が一つ欠けてしまうと時計はどうなるでしょう。

時計は止まってしまいますよね。

あなたの歯も一つ欠けたら、いろいろな機能は停止し始めています。

1本の歯の欠損がひいては体全体にいろいろな悪影響を与えます。

まとめ

口腔ケアをすることによって、今あるご自分の歯を一生使えるようにすることが大切です。

歯を削ってしまっては大切な健康な歯をダメにする第一歩です。

歯の病気は早期発見早期治療が大切です。

健康=健口=健幸を考えてください。

 

ここで必要なのは口腔ケアをするということです。

定期的に歯科医院に通っていただき、お口の変化を早期発見してもらうことです。

ほった歯科では歯だけでなく口腔内の歯ぐき、舌、頬粘膜に至る口腔内のメインテナンスをしています。

口腔がんの早期発見やむし歯になりそうな歯のケア、歯周病を増悪させないためのメインテナンス・口腔ケアをしています。

また、義歯などを装着している方にもメインテナンス・口腔ケアを行い適合が不良の場合はその場で調整を行い、快適に食事をした頂けるようにsています。