あいうべ体操のお話

あいうべ体操皆さん知っていますか?

ほった歯科ではあいうべ体操を取り入れています。ほった歯科が歯科校医をしている小学校でも取り入れ朝とお昼にあいうべ体操をしてくれています。

人が意識せずボーっとしている時を観察してみてください。

スマホをみている時の口もとはどうなっているでしょうか?
口が開いている?いや自分はしっかりと口をとじている。と思っている方が殆んどだと思います。

ちょっと待ってください。そこには落とし穴があります。上唇と下唇がしっかりとついていますか?周りの人に観てもらってください。無意識に唇にすき間が開いている方がいます。

あいうべ体操の仕方

あいうべ体操”は,福岡の内科医 今井一彰先生が考案された口呼吸を抑制する体操です。本来哺乳類は鼻呼吸です

しかし、人間は何時のころからか口呼吸になってしまいます。赤ちゃんがおっぱいを飲む時に鼻で呼吸しなければおっぱいを飲むことができませんよね。人間は元来鼻呼吸なのです。

口呼吸の弊害

あなたの舌は、口を閉じている時,どこに接しているだろう?

1. 口蓋
2. 上顎前歯の舌側
3. 上下の前歯の間
4. 下顎前歯の舌側

この結果、口蓋に接しているのが理想的なのである。選択した番号が増えるに連れ、舌筋の力が低下していると考えられる。そして舌筋の低下は,口呼吸を招く。
口呼吸が原因で唾液分泌の低下口腔乾燥を引き起こすとともに,局所や全身の免疫力が低下し

1:むし歯・歯周病・口内炎・口臭
2:インフルエンザ・扁桃腺炎・気管支炎
3:いびき・閉塞性睡眠時無呼吸症
4:扁桃病巣感染症 (アトピー性皮膚炎・関節リュウマチ・腎臓疾患・掌蹠膿疱症)
などの原因となります。 

あいうべ体操の効果

インフルエンザが猛威をふるった昨年冬。
ほった歯科院長が学校医をしている小学校が児童数は少ないですが、インフルエンザに罹患した児童はたったの一人でした。

毎朝児童全員で あ い う べ 体操を行い、お昼の給食の時間も あ い う べ 体操を実践していました。

この小学校では風邪による欠席も殆どありません。

あ い う べ 体操の効果は実証済みです。

まとめ

  • アレルギー性疾患(アトピー、喘息、花粉症、鼻炎)
  • 膠原病(関節リュウマチ、エリテマトーデス、筋炎、シューグレン)
  • うつ病、うつ状態、パニック障害、全身倦怠
  • 腸疾患(胃炎、大腸炎、便秘、痔)
  • 歯科口腔(ペリオ、ドライマウス、顎関節症、むし歯、歯列不正)
  • その他(イビキ、尋常性乾癬、高血圧、腎臓病、風邪など)

に効果があります。

簡単にどこでもできる あ い う べ 体操を是非行ってみてっください。

口を大きく「あ~い~う~べ~」と動かします

あ できるだけ大げさに、声は少しでOK❕
い 1セット4秒前後のゆっくりとした動作で
う 1日30セット(3分間)を目標にスタート❕
べ あごに痛みのある場合は、「い~う~」でもOK

子どもと一緒にやってみてはいかがですか?