医療法人社団堀田歯科医院 義歯のお話

医療法人社団 堀田歯科医院 の院長セミナーに参加してきました。

今回は義歯についてのお勉強です。

あなたは義歯についてどれだけご存知でしょうか?
まずはWikipediaを紐解いでみましょう。

義歯
義歯(ぎし)とは喪失した歯を補う為の人工臓器の総称である。
架工義歯、有床義歯、インプラント義歯などの方法を使用して、人工歯で歯を補う。
でも、あなたは義歯とは入れ歯だと思っていませんか。
Wikipediaによると、歯を喪失した歯を補う為の人工臓器の総称とあります。
したがって入れ歯だけではありませんね。

1、差し歯
2、ブリッジ
3、インプラント義歯
4、有床義歯 一般的に有床義歯は「入れ歯」と呼ぶ
とあります。

義歯とは入れ歯のことではなく、歯医者さんが歯が喪失した時に入れる人工臓器だということがお分かりかと思います。
さて、今回のセミナーは3にあるインプラント義歯のヒントをいただきました。
医療法人社団 堀田歯科医院 ほった歯科ではインプラントを埋入した後
ロケーターという器具を装着してボタンのホックのように義歯が上から乗る構造を作っていきます。
歯が完全喪失した方はお解りかと思いますが、義歯が不安定になりなかなか昔のように噛めませんよね。
それを補うのがインプラントであります。
実際に使用してる方は
「義歯が安定してなんでも噛める」
「昔食べていた食べ物がおいしく食べられる」
「義歯が小さくなった」
とてもいいことずくめです。
皆さんも一度ほった歯科にご相談くださいね。

自動代替テキストはありません。

フォローお願いします。