医療法人社団堀田歯科医院 ほった歯科 レーザー治療

医療法人社団堀田歯科医院 ほった歯科

2台目のレーザーが入りました。
今までのレーザーはCO2レーザーでしたが今回のレーザーは
Er-YAGレーザーです。

それぞれの特徴や治療について今回はお話しします。
まずCO2レーザーについて

レーザー治療はかなりの頻度で当医院では行っています。
どんな治療をするか皆さんは知りたいですよね。

外科治療・歯周治療・止血などです。
外科治療は歯肉の切開や腫れた場所の膿を抜くための切開
また、歯肉が肥厚した場所の切開や小帯の切開に使用しています。
特に膿がたまって腫れている箇所を以前でしたら麻酔してメスなどで切開していましたが、今はレーザーにて切開し疼痛の早期軽減を図っています。

歯周治療では、歯肉炎や歯周炎の炎症の軽減にも使用しています。
止血に関しては、抜歯等で出血した場所にレーザーを照射することによって、止血を行い早期に治癒促進を促しています。
その他には口内炎・義歯による傷の治療など効果が期待できます。
Er-YAGレーザーも同様の使用をしますがさらなる特徴があります。

その特徴は硬組織、歯が削れることです。
比較小さいむし歯をレーザー照射することによって除去します。
ほぼ無痛治療が可能になっています。
また、歯石の除去にも有効で、細部の歯石の除去が可能になっています。

レーザー治療は無痛で治療が可能になっていること(治療内容によっては麻酔)
出血量がけいげんされ、止血効果も期待できるので、治療後の違和感が少なくなっています。

特に口内炎は痛みが瞬時に取れますのでかなり有効です。

医療法人社団堀田歯科医院では症例によって2台のレーザーを使い分け、患者さんの炎症、疼痛の緩和に使用しています。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

フォローお願いします。