医療法人社団 堀田歯科医院 ほった歯科の再生医療

医療法人堀田歯科医院 ほった歯科

今回のお話は再生治療についてです。

歯科で「再生治療ってどんなことするんだろう」とお思いの方も多いと思います。
今回は少しこのことについてお話したいと思います。

歯周病や止む終えず抜歯をしてしまって、顎の骨がなくなってしまうことがあります。

そんな方に再生治療をお話ししていきます。

抜歯をした後は顎の骨が無くなって、くぼみができます。
また、歯周病で骨が溶けてしまい歯に痛みやぐらつきが出てしまいます。
これらは骨がなくなることによって生じることなんです。
それを治療していくのが再生治療です。

では、再生治療とはどのように行っていくのかお話します。
医療法人堀田歯科医院 ほった歯科での再生治療は自己血をつかっての再生治療になります。

まず、患者さんから採血をさせていただきます。
採血した血液を遠心分離して血小板血漿を作ります。
この血小板血漿(CGF)を骨の中に入れて炎症や骨の再生を促していきます。
自己血を使用することによって、ご自身の再生力・抵抗力・回復力をいかんなく発揮してもらう目的で行っています。
自己血を使用することで安全・安心な治療ができます。
かなりの侵襲があっても予後は期待できます。

1年以上経過したレントゲンを見ると骨の再生が認められる結果となっています。

再生医療を行うに当たっては、審査・診断が重要となってきます。
医療法人堀田歯科医院 ほった歯科では再生医療の届け出医院を受けています。

詳しくはお問合せください。
http://hakireidane.com/enquiry/

写真は再生医療の準備をしている様子です。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、事務局、テーブル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、室内

フォローお願いします。