医療法人社団 堀田歯科医院 ほった歯科 マイクロスコープ

今回ほった歯科ではマイクロスコープを導入しました。
マイクロスコープをどのように使用するかをお話しします。

まずは、歯の根の治療です。
裸眼や拡大鏡だと限界があります。
今までは機械的信号で根の先端を確認したり、レントゲンによって確認していました。
現在も同じ様に確認はしますが、マイクロスコープを使用することにより直視できます。
根の先(根先)までが明確に確認できます。
教科書的に根の数(根管数)は把握していますが、見えることによって根の入り口(根管口)が
適確に明示把握ができます。

これにより安全・安心・正確な治療に結びつきます。
あなたはこんな経験をしたことがありませんか。
根の治療も終わり、被せ物をした後噛んでみたら痛くなった経験がありませんか。
なんで治療が完了しのに、痛みが出るのとおもた方もおられるかと思います。
こんな時にマイクロスコープを使用して再度治療をし直すこともあります。
先ほどの根管(神経の入っている管)を新たに発見できます。

また、CTとマイクロスコープを使用して3次元的に治療を進めることができます。
CTにより歯の形状や根の本数、根の形状(湾曲)などを把握して、マイクロスコープを使用して根の治療を行えます。

安全・安心・正確な治療、痛かったら一人で悩まずまずは歯科医師・歯科衛生士に相談してください。きっとあなたの将来に役に立ちます。

フォローお願いします。